死因別に見た死亡率の年次推移:「令和2年(2020年)人口動態統計月報年計(概数)」(厚生労働省)

 下図は、厚生労働省が2021年6月4日に発表した「令和2年人口動態統計月報年計(概数)」の主な死因の構成割合。

 追記)厚生労働省は9月10日に「令和2年(2020)人口動態統計(確定数)の概況」発表(死因の構成割合「率」に変更はなし)。サイト内リンク( https://healthy-life21.com/2021/09/13/20210913/

 令和2年の死亡数を死因順位別にみると、第1位は悪性新生物<腫瘍>で37万8356人(死亡率(人口10万対)は307.0)、第2位は心疾患(高血圧性を除く)で20万5518人(同 166.7)、第3位は老衰で13万2435人(同 107.5)、第4位は脳血管疾患で10万2956人(同 83.5)。 

 主な死因別の死亡率の年次推移をみると、
 悪性新生物<腫瘍>は一貫して上昇しており、昭和56年以降死因順位第1位となっている。令和2年の全死亡者に占める割合は 27.6%で、全死亡者のおよそ3.6人に1人は悪性新生物<腫瘍>が死因。
 心疾患(高血圧性を除く)は、昭和60年に脳血管疾患にかわり第2位となり、令和2年は全死亡者に占める割合は15.0%。
 老衰は、昭和22年をピークに低下傾向が続いたが、平成13年以降上昇して平成30年に脳血管疾患にかわり第3位となり、令和2年の全死亡者に占める割合は9.6%。
 脳血管疾患は、昭和45年をピークに低下傾向が続き、令和2年の全死亡者に占める割合は7.5%。


令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai20/index.html