(最新)令和3年(2021年)総人口は減少、65歳以上人口は3640万人で過去最多、総人口に占める割合は29.1%で過去最高(総務省)

 2021年9月19日総務省統計局発表「統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-」より。

 我が国の総人口(2021年9月15日現在推計)は12522万人で前年に比べ51万人減少。対して65歳以上の高齢者(以下「高齢者」)人口は、3640万人と、前年(3618万人)に比べ22万人増加。総人口に占める割合は29.1%と、前年(28.8%)に比べ0.3ポイント上昇。(上図参照)

 男女別では、男性は1583万人(男性人口の26.0%)、女性は2057万人(女性人口の32.0%)で女性が男性より474万人多くなっている。
 人口性比(女性100人に対する男性の数)は、15歳未満は105.0、15~64歳は102.6と男性が多いのに対し、65歳以上では76.9と女性が多くなっている。
 年齢階級別では、「団塊の世代」(1947年~1949年生まれ)を含む70歳以上人口は2852万人(総人口の22.8%)で、前年に比べ、9万人増(0.1ポイント上昇)。75歳以上人口は1880万人(同15.0%)で、前年に比べ、24万人増(0.3ポイント上昇)、80歳以上人口は1206万人(同9.6%)で、46万人増(0.4ポイント上昇)。

 諸外国との比較では、日本(29.1%)は世界で最も高く、2位イタリア(23.6%)、3位ポルトガル(23.1%)、4位フィンランド(23.0%)、5位ギリシャ(22.6%)他。


「統計からみた我が国の高齢者 -「敬老の日」にちなんで -」(総務省)
 http://www.stat.go.jp/data/topics/topi1290.html